というわけで(?)、久々に我が家のアイスプラントの様子です。

登板間隔があいたと言うことは、そう、なにやらイマイチ感漂う状態です(´・ω・`)

 

先ずはペットボトル水耕栽培のアイスプラントから。

ハイポニカでペットボトル水耕栽培中のアイスプラント

ハイポニカでペットボトル水耕栽培中のアイスプラント

この腰の弱さはデフォルトみたいですが、それにしてもグッタリお疲れ気味。

どうみても腰高なペットボトル栽培には向いていない育ち方をしてくれます。

しかも、ベランダに数日出したら、ハモグリ画伯に襲撃されてるし(#^ω^)ビキビキ

 

パッと見では、なんとなく育ってるように見えますが、実際はあまり調子がよくなくて、ソロソロ食べても良いかな?と思える大きさの葉から、ふにゃふにゃになって枯れてしまいます…

おかげで未だに味がわかるほどの試食は出来ていません。

たぶんもっと若い葉を食べるればOKなんだろうけど、生きが良さそうな部分は葉っぱの大きさがいまひとつでねえ。

 

一方、ペットボトルプランター+100円培養土のアイスプラントは…

1.5リットルペットボトルプランター+ジャスコ100円培養土

1.5リットルペットボトルプランター+ジャスコ100円培養土

こっちは見た感じ絶好調ヽ(‘∀‘ )ノ

色はやや黄緑ですが、葉っぱは大きいし、パリっとして勢いもあります。

腋芽が出て葉の枚数が増えたらつまみ食いしたいところなんですが、水耕の株に比べて腋芽が少ないのは成長点が元気だからでしょうか?

 

二つのペットボトルを並べてみると…

使用前使用後な感じのアイスプラント

使用前使用後な感じのアイスプラント

これは…

 

「だから、おやじなんだ」と言われている: アイスプラントを育てる

「だから、おやじなんだ」と言われている: アイスプラントを育てる

ちなみに、忍者さんの「だから、おやじなんだ」と言われているでは、焼酎ボトル+エアリフト+ハイポニカで見事に育っているようです。

ああ、なんてモッサモサ…

あやかりたい…

 

我が家の水耕アイスプラントも、もう少し設備が充実した装置に移植してみましょうか。

 

というわけで、このサイズのペットボトルでアイスプラントの栽培を考えてる方は、培養土マジオススメ状態です(´・ω・`)

 

ただ、以前チラッと投稿した気もしますが、我が家のハイポニカ原液(4リットルセット)には、茶色い方のタンクに大量の沈殿物がありまして…

コレ、二度と溶けないけど、このままじゃ成分バランスおかしいんじゃねーの?

という疑惑があったりします。

メーカーさんは「沈殿した方は上澄みだけで問題ないですよ~」的な回答を送って下さいましたが…

必要ない成分だったら最初から入れなくても良いんじゃねーの?

…と素人的には考えてしまうわけで。

そういえば、雲南百薬も不健康そうな育ち方をしているし…

 

この機会に大塚ハウスに手を出すべきか、新しいハイポニカ原液を購入するべきか、菜園シーズンを目前にして、えらく根本的なところで悩んでたりします┐(´ー`)┌

いっそ家庭菜園系では使っている人を見たことがない、ダッチ・フォーミュラやGH-フローラでも試してみましょうか^^;


今!話題の植物!!野菜たね 健康野菜 アイスプラント 1袋

Comments are closed.

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ