植物育成用の蛍光灯、ビオルックスHGテクニカ・レフレッドランプを使った栽培テストの近況です。

先ずは栽培方法から妙なプチシート栽培のべんり菜。
蛍光灯&似非シート栽培のべんり菜
大きくなれないようですが、ミニチュア化して綺麗に本葉を増やしてます。
元々ベビーリーフ栽培用の技術みたいなので、これでもOKなのかな^^;
培地は、網目状のシート1枚です。

続いて赤青チマサンチュ。


スポンジ育苗中のチマサンチュ
全く徒長せずに本葉に移行してくれました。

レタス栽培には蛍光灯が強力な助っ人になってくれることが判明。
ヒョロヒョロ徒長苗で悩む事は無くなりそうです。

あまり期待していなかった二十日大根は…
蛍光灯栽培の二十日大根
右奥の株、根茎が膨らんできてますヽ(‘∀‘ )ノ

左奥の一株は徒長して倒れて育ってますが、夜間の水分調整に気をつけてやれば、他の株程度の背丈で本葉が出てくれるようです。

種が大きい野菜は、あっというまにカイワレ状態になってしまうのですが、天気が悪い日に発芽したモノは、蛍光灯である程度徒長を抑えられそうです。

というわけで、蛍光灯栽培は満足のいくデータが得られました。
夏過ぎからのレタス&葉物栽培での活躍に期待です。

夏と言えば、ハイドロパックで始めて挑戦した大玉トマトの水耕栽培。
やっと最初のトマトが赤くなりました!
桃太郎トマトの一番果
形は悪いです^^;

サイズはまずまず。
どう見てもミニや中玉トマトに見えないサイズに育ってくれました。

日当たりの関係で、3段目までうまく育てくれませんでしたが、ベランダの手すりを越えた4段目から絶好調。
それにあわせるように、結実はしたものの大きくなれなかった1~3段目の実が肥大開始。
なんとか10個くらいは採れそうな気がしてきました( ̄¬ ̄)

0 Responses to 蛍光灯栽培テスト 好調です

  1. 忍者 より:

    蛍光灯栽培、良いですね。
    年中無休で育てられるんでしょう?。

    トマトの赤、綺麗ですね。我が家もアイコがやっと1個だけ赤くなり始めました。

  2. Verander Talos より:

    >>忍者さん
    蛍光灯栽培で収穫サイズまで育てるスペースが無いので、夏場は出番少なそうです。
    あくまでも発芽~本葉数枚まで、と言う感じなので、夏以外は活躍してくれることでしょう。
    トマトはたった今もいで食べました( ̄¬ ̄)
    温くてちょっと薄味でしたが、自家製無農薬の贔屓目でかみさんともども大絶賛(笑)
    ちょっと幸せな気分を味わいました。

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ