今日はベランダで栽培中の野菜を一気に紹介。
ナローバンドの方には申し訳ない大容量でお届けします^^;

最近の日照不足や低温続きでベランダの夏野菜はイマイチな状態(´・ω・`)
特にトマトは二段目の花は育たないわ、節間もヒョロっと間延び気味だわで、リストラ候補筆頭に。

とりあえず一段目の2個は成長してるので、最悪でも二つは収穫できそうですが…
スマートバルブ栽培のホーム桃太郎
トマトはナスと一緒にAutoPot社のスマートバルブを使った水耕栽培キットで栽培しています。

というわけで、お隣のナス(千両二号)の方はというと、一番花は見事に落ちました…○| ̄|_

現在二番花が開花中。
千両二号の二番花
この花も台風2号が通過中の悪天候時に咲き始めたので、期待薄。
一応筆で受粉作業っぽいことはしてみましたが、果たして…

スマートバルブを使った水耕栽培キットの様子はこちらの投稿を参照してください。

スマートバルブ単体を使った、自作の栽培装置も稼動しています。


スイートバジルのスマートバルブ水耕栽培
トレイにスマートバルブをセットして、底面吸水加工した100円ゴミ箱をセットした水耕栽培装置です。
培地はパーライトにバーミキュライトを30~40%混ぜたものです。

バジルと言えば、小さな豆腐ケースを使って室内LED栽培している一群もそのまま維持してます。
室内栽培のスイートバジル
かなり密集してますね^^;
移植先が無いので、このまま室内で維持しつつ、刺身のつまならぬパスタのつまとして消費します。

自作のEbb&Flow式水耕栽培装置で栽培中の甘とう美人は、冷害なのか葉に小さな斑点が出てしまいましたが、一番果から結実してくれた模様。
Ebb&Flow式水耕栽培の甘とう美人(唐辛子) 一番果

現在二段目が開花中。
Ebb&Flow式水耕栽培の甘とう美人(唐辛子) 二段目開花中

もう一つの自作水耕栽培装置、というかゴミ箱にエアレーションしてるだけのDFT水耕栽培容器のキュウリには雌花が( ̄¬ ̄)
キュウリ:夏秋美人の雌花
こちらは夏秋美人の雌花。
夏すずみの方も、雌花が咲いていますが、我が家のキュウリはいろいろと呪われているので(苦笑)、このまま大きくならずに落ちてしまうことが多いです。
親蔓は1m程度まで育っているので、そろそろ実が生っても良さそうかな~とは思っていますが、果たして…

つづいては、鋭意製作中の新型水耕栽培装置に定植するつもりで、先日取り寄せた水耕栽培用ポットに移植したスイスチャード(サンチュもあるよ)
ハイドロトンに移植したスイスチャードとサンチュ
培地…というより、苗を押さえているのはハイドロトンというアチラ製のハイドロボールの大粒タイプ。
ここまで大粒だと、適当に砕いたレンガでも良さそうです^^;

移植先の新型栽培装置は、ベランダの隙間を利用した2mほどの栽培装置なので、全体像は紹介できそうもありません^^;
ベランダが狭すぎて、うちのデジカメでは全体が写らないんです(´・ω・`)

考え方としては、ポット毎に養液を掛け流すエアロポニック風+流れる養液をNFT(薄膜水耕)っぽく利用する二段構えの水耕栽培装置です。
言い方を換えると、どっちつかずで中途半端な栽培装置ともいえます(笑)

完成したら部分的にでも紹介しますので、乞うご期待ということで。

そうそう、もう一つの新型水耕栽培容器を紹介します。
焼きそばトレイ栽培^^;
嘘をつきました、ごめんなさい^^;

不織布で吸い上げた養液を、根切りシートを挟んで底面から吸収しています。
あまり徒長しないので、水分の吸収バランスは良さそう。
これで遮光したら一応栽培容器と言い張ることも出来そうですが(苦笑)

というわけで、現在のベランダ近況を一気にお届けしました。
他にも種まき中のものや移植先が無くて路頭に迷っている唐辛子数種類などありますが、今年収穫まで育つのはいくつあるでしょうか┐(´ー`)┌

Comments are closed.

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ