雲南百薬という健康野菜を栽培しています。

食べると健康に良い、という意味で健康野菜と言われてるハズなんですが、栽培してみると、一番健康なのは雲南百薬自身だということが判ってきます(苦笑)

 

最初はぐんぐん伸びる蔓を目を細めてみているんですよ、最初は…

 

ちょっと目を離すと、触手のような蔓にあらゆる物が絡めとられてます(#^ω^)ビキビキ

一度オクラや唐辛子がアブラーまみれになったときに、雲南百薬もバッサリ切り戻したんだけど…

効果切れてるのに外せない虫よけネット

効果切れてるのに外せない虫よけネット

どんだけ絡んでるんだか…

 

この蔓は、元をたどるとペットボトルサイズの不織布プランターに行き着きます。

不織布鉢で雲南百薬(オカワカメ)栽培中

不織布鉢で雲南百薬(オカワカメ)栽培中

15cmくらいのツルを水に挿しておいて、根が出たものを小さな不織布鉢に植えつけたら、こうなりました。

ペットボトルプランターに見えますが、ペットボトルは不織布鉢の崩壊防止用で、通気のために短冊状に切り刻んであります。

 

ムカゴからの栽培に比べ、挿し芽の成長はゆっくりですが、根が充実してくるとムカゴに負けないペースでツルを伸ばしてきます。

我が家に限ってかもしれませんが、新芽よりも、太いツルを挿したほうが成長が早いようです。

挿し芽で増やす際は、株元に近い部分からカットして、下の太い蔓を使ったほうが良いかもしれません。

 

 

雲南百薬の栽培をお考えの貴方へ。

きっちり栽培計画を立てて蔓もの用ネットなどで誘引してやらないと、収拾つかなくなりますのでご注意ください。

たった1リットル足らずの培養土でこの勢いですから…┐(´ー`)┌

カーテンワカメとかオカワカメといわれているモノもコイツです。

 

オカワカメと言われるとおり、軽く茹でるとワカメのような食感になり、スープや味噌汁の具などに、数枚からでも使える便利な野菜です。

食感以外は殆どクセの無い葉っぱですが、汁物に直接大量に投入すると青臭みが気になるかもしれません。

まとめて使う際は2~30秒程湯通ししてから使うと良いかも。

 

タグ:
 

3 Responses to 健康野菜・雲南百薬 ベランダ侵攻作戦継続中

  1. もえっさん より:

    雲南百薬、すごい気になってたんですが、今年は手に入らなくて断念したんですよー。
    1リットルでこんなにワサワサするんですね。
    確かに、ちゃんと計画しないとえらいことになりそう。

    この時期葉もの野菜って貴重ですし、来年はチャレンジしてみたいです。

  2. たなQ より:

    ははーっ、こころして育てます
    というか、こちらの記録を参考に、すでに屋外にて栽培中(まだ10日目くらいですが)。

    実は後から出た葉の方が色が薄いんですよ。買ったときからの葉は濃い緑ですが、新しいのは黄緑の感じで。生長すると濃くなるのかな。
    ところで、食べるときは若葉がいいとかありますか?

    「おかわかめ」より「雲南百薬」の方が絶対かっこいいネーミングとおもうけどなぁ(´▽`*)
    なんかいかにも効く!って感じがしませんか?

  3. Verander Talos より:

    @もえっさん
    夏場の葉物は難しいので、本当に重宝しますね。
    雲南百薬以外では、空芯菜も簡単でオススメです。
    でも、可食部の増加速度は雲南がダントツかもしれません^^;

     

    @たなQさん
    雲南百薬、ネーミングは私も雲南派ですが、ローマ字タイプの時にnが多くてわけが分からなくなります(苦笑)
    ファイル名もローマ字表記で打つ事が多いんですが、nの数が毎回違ったりして…

    葉っぱの色ですが、新芽付近は明るい緑で古い葉ほど濃い傾向はあります。
    ただ、水耕で失敗した株は色が抜けたようにまだらになったしまったので、薄いのにも限度があるのは確かです^^;
    古い葉の方が青臭みが少ないと言う噂もありますが、ガサっとまとめて湯通ししてしまうので、私程度の味覚では判別不能です^^;

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ