未だ苗ポットのままのキュウリ二株用に、
分別ゴミ箱の一つ(33Lタイプ)を使って水耕栽培装置をでっちあげました。

キュウリは根が非常に多いので、小細工無しのDFT(Deep Flow Technique)を採用。
いわゆる湛液(たんえき)水耕と呼ばれる方式で、根を養液にどっぷりつけて栽培するタイプです。
湛液水耕栽培容器
四角い穴にはハイポニカの水耕栽培用ポットが収まります。

ハイポニカ肥料とポットの在庫が尽きてきたので、水耕栽培用のスポンジも合せて福岡県のエコゲリラショップに発注中。
店名についてはコメントを差し控えさせていただきますが(笑)、ポイントや送料無料なども有り、結構使いやすいお店です。

右の短いホースは養液補給用の穴。
手前の半透明ホースは容器の底近くで内部と繋がっていて、容器内の養液レベルをチェック出来るようになってます。

中は至ってシンプル。
湛液水耕栽培装置の中のエアーストーン
エアストーンを底につけて全開にすると、ガーガー鳴って喧しいので、ちょっと浮かせておくのがポイントです(o・ω・o)b

このエアレーションには養液に酸素を溶け込ませると同時に、養液を対流させて腐りにくいようにする効果があるといわれてます。

キュウリの根は酸素要求量も多いらしいので、様子を見てエアレーションを増やす予定です。

やっぱキュウリの方がEbb&Flow向きだったかもなあ(´・ω・`)
でっかい工具箱二つ重ねて…って、ベランダ落ちそうだ(苦笑)

水心 SSPP-2S+逆止弁+キスゴム×3+チューブ3m+いぶき 丸30φ

タグ:
 

0 Responses to キュウリ用の水耕栽培装置

  1. satoshi より:

    きゅうりは、今まで、成功したことないです。もっとも、トマトも調子よくないですが。
    ゴーヤはザクザクできました。
    今年は、ホワイトゴーヤも追加予定

  2. Verander Talos より:

    >>satoshiさん
    ゴーヤは我が家で食べられる人が居ないので、生涯作ることは無いと思われます(苦笑)
    我が家のベランダはうどん粉病の祟りがあるので、キュウリは長生きできません…
    今年はどうなるかな~

  3. satoshi より:

    ホワイトゴーヤはほろ苦い程度、生で、マヨネーズがいいです。で、みどりの奴は、完熟して身が割れたら中の赤い種が甘くておいしいらしい。今年は、それに挑戦して見ますw

  4. Verander Talos より:

    >>satoshiさん
    完熟して割れた実は、見た目だけで、ごめんなさい、って感じです(苦笑)

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ