100円ショップで吸水性の良さそうな素材を物色中に、こんな商品を見つけました。

タワシ(みたいな)ふきん

タワシ(みたいな)ふきん

 素材はレーヨン、PP(ポリプロピレン?)、PE(ポリエチレン?)、PET(ボトルのアレ?)ということで、吸水性は抜群だけど溶けやすいレーヨンが入ってますが、他の素材が溶けそうも無いモノばかりなので、ペットボトル水耕栽培等で使う吸水ヒモに良さそう。

 

とりあえず、素材に訳の判らない毒性が無いか、野沢菜を播いて発芽テストしてみました。

大きく育てるつもりは無いので、スプラウト並みにばら蒔きいて様子を見ること3日…

無事発芽しましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

すんなりと発芽ヽ( ´ ∇ ` )ノ

スプラウトを栽培する要領で、容器に鑑賞魚用のろ過マットを1段敷いてから、タワシふきんをセット。

ろ過マットがヒタヒタになる程度に水を入れると、あっさりとタワシふきん全体に水分が行き渡りました。

毛羽が出るような素材でも無いし、発芽直後のこの状態で既に根が貫通しているので、種まき培地としても充分使えそうです。

 

短冊状に細長くカットした素材をトレイ等に並べて浸水し、片方の端に種を播いてやれば、根を痛めずに移植できるかも。

 

そうそう、写真の容器は、ロールケーキか何かが入っていたトレイです。

蓋を閉めて植物育成用蛍光灯の下へ…

蓋を閉めて植物育成用蛍光灯の下へ…

高さも深さもあって開閉も自由なので、両サイドに小さな換気孔をあけて、超小型温室として使ってます^^;

 

ハイそこ、貧乏臭いって言わない!

 

温室と言えば、先日ホームセンターからお持ち帰りしそうになったのが、コレ

苗ドーム 角型

標準プランターにぴったり合いそうなサイズで、かなりそそられました(笑)

1枚300円程度だったので、迷ったんですが、よく考えたら標準プランターで水耕栽培装置を作ってないので、今回はお見送りに。

小さなスペースで寒い時期の保温を考えてる方には、オススメかもしれません。

タグ:
 

0 Responses to 100円吸水素材 野沢菜で種まきテスト

  1. 忍者(追記) より:

    苗ドーム角型。
    そそられますよね。行くたびに見入っています。
    「お持ち帰りしそう」です。
    でも、合う大きさの栽培装置が無いです。

  2. Verander Talos より:

    >>忍者さん
    コレを見てしまうと、標準プランターを使って栽培装置を作りたくなりますね。
    あ、このカバーを二つ組み合わせて、でっち上げる手もありますね(笑)

    ところで…(追記)が気になるんですが??

  3. 忍者 より:

    追記って、しーらない。
    自然に出ていますけどー。
    何じゃこれっ。

    消して投稿しました。

  4. Verander Talos より:

    >>忍者さん
    あら、せっかくいただいたコメントが、スパム対策機能の誤動作で消えたかと思って、気になってました(笑)
    多分記入欄がHTML上で同じ名称になってるブログが何処かにあるんでしょうね。

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ