垂直水耕プランター弐号器に防虫のため不織布をセットしました。

IMGP3139_pole_paopao90.jpg

極太アルミ線で直径40cm程の輪っかを作って、上端に接着。
その上からすっぽりとパオパオ(不織布)をかけて、裾を養液タンクに縛り付けてます。

これでハモグリ画伯もシャットアウト出来るので、安心して葉物を食べられるでしょう。
この自作水耕栽培装置で旨く育てば、という厳しい条件付きですが(笑)

俺様用撤収メモ
道具箱を使ったニ槽循環式水耕栽培のシシリアンルージュを撤収。
今年の成果は1株から約300個+途中リタイア組2株から30個。

0 Responses to 不織布パオパオ90で防虫

  1. nan より:

    はじめまして!
    今回初めて書き込みさせていただきますが、以前より管理人さんのページを拝見させてもらってます。
    いやぁ~すばらしいですね!!どれも感心するものばかりで、何より手先が器用なのがうらやましい限りです。
    ところで、もしよろしければ、タワー型水耕栽培装置の内部をブログで詳しくご紹介いただけないでしょうか?
    お待ちしております。

  2. Talos より:

    >>nanさん
    はじめまして~。
    揚水パイプは先日の投稿で紹介しましたし、パイプの内部は不織布がぶら下がってるだけで、変わったことはしてません^^;

    本家本元のポールプランターの構造が、特許庁のデータベースに掲載されています。
    考案者の名前で検索するとたどりつけると思いますので、そちらを参照してみてはいかがでしょうか。

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ