あたかもシリーズ化しそうなタイトルをつけてますが、続編が立ち消えになるのは毎度のことなので、期待せずにご覧下さい(苦笑)

 

ベラボンのSサイズが種まき培地にどうかな?ってことで、先日播いてみた水菜ですが、順調に双葉が出揃いました。   

コカコーラの500mlペットボトルです。

コカコーラの500mlペットボトルです。

種は覆土なしでベラボンの上に置いただけ。 水分不足(多分)で数粒発芽しなかったモノがありますが、発芽率は概ね良好。

ベラボンSサイズ、種まき培地として問題なく使えますね。

 

我が家式の水耕栽培の場合、問題は移植のし易さなんですが、これについては、もう少し大き目の栽培容器で実験しています。

 

こちらは毛管現象を利用した水耕栽培容器です。

105円の発泡スチロール箱内部を二重構造に…

ちょっとだけ溝を掘って、すじまきにしてみました。

この容器で発芽したものを間引いて、他の水耕栽培装置に移植してみたいと思ってますが、ベラボンSサイズが移植に向いているかどうか…

繊維質な分、抜くときに根に負担がかかりそうな気がしないでもないでもない(-_-;)

 

この毛管水耕容器、ベラボンとの相性は良さそうで、表面まで充分に水分が上がってきています。

チラッと見えるのは発芽寸前のミズナ

チラッと見えるのは発芽寸前のミズナ

 かなり乾燥気味の蛍光灯直下に置いてますが、培地が乾燥してしまう心配は無さそう。

…ってことは、このままこの容器で育てると、徒長しまくりという事に(´・ω・`)

 

徒長しちゃうのは夜間の加湿が一番の原因みたいなので、夜間は水位が下げられるような仕組みが欲しいところですね。

あ、培地の段が上下できればいいのか…

う~ん…(妄想突入)

ベラボンSサイズ

Comments are closed.

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ