ブログを株分けしてしまったので、VegeLog側でも水耕栽培装置や、ペットボトルを使った栽培容器の作り方を順次紹介していく予定です。

 

第一弾はとっても簡単なペットボトルプランターの作り方。

水耕栽培ではなく、ペットボトル栽培で培養土を使う場合の加工方法です。

 

用意するモノは…

  • 2リットルペットボトル
  • 市販の培養土
  • ハサミ&カッターナイフ
  • あれば不織布少々とビニールテープ

これだけでOK

今回は理想的な形状の、キリン・潤る茶(うるるちゃ)の2リットルペットボトルと、豊作物語という培養土を使いました。

 

材料が揃ったところで、早速加工しちゃいましょう。

先ずは、ペットボトルを上下にズバッと切断します。

潤る茶2リットルのペットボトルを上下にカット

潤る茶2リットルのペットボトルを上下にカット

ペットボトル側面の凹凸、上から2段分くらいの位置がオススメです。

 

飲み口側には縦に放射状の切り込みを入れておきます。

スリットの本数は、適当にお好みで^^;

ペットボトル上部には縦に切り込みを

ペットボトル上部には縦に切り込みを

同じ直径のモノを中に落とし込むので、内部でうまく重なるように、コの字型に切り込んで有ります。

切り込まなくても入りますが、妙な皺や重なりが出来ると、この後投入する培養土が底にこぼれやすくなります。

 

加工はコレだけ。 

排水性の良い培養土がオススメ

排水性の良い培養土がオススメ

あとは飲み口を下にした状態で、ペットボトルの底まで落とし込んで培養土を入れるだけ。

お好みで飲み口部分に不織布を詰めておくと、土がこぼれにくくてより安心。

 あ、また忘れてた(-_-;)

この状態で上から水をたっぷりやるわけですが、空気の抜け道がないので、軽い培養土だとゴボゴボと逆流し、周囲がとても素敵な状態になったりします(経験者談)

そこで、ペットボトルの側面に換気穴をあけます。

ここに換気とオーバーフロー用の穴を

ここに換気とオーバーフロー用の穴を

中のスリットが水没しない高さに穴をあけると、雨水侵入や寝ぼけて水をやりすぎた際に、勝手にオーバーフローしてくれるので、根腐れの危険が減ると思います。

 

室内栽培に使う場合は、凸凹の凹んだ部分の下半分を意識してあけると、水遣りしたときに上から来た水が漏れなくて良いんですが…

判りにくいですね、実際に漏れたら判ると思います(笑)

 

コレで完成です。

ペットボトルの切断部が意外と鋭利なので、ビニールテープなどで切断面をカバーすると安心です。

 

あとは苗を植えつけたり、タネを播いたり、挿し芽をしたり、好きな方法で野菜の栽培を楽しめます。

バランス的にはムリが有るけど、オクラやインゲンでも収穫まで栽培出来ますし、葉物野菜は大抵問題なく栽培できると思います。

 

 

TVの「やさいの時間」で、7月はネギをどうのこうの…、とやっていたので、葉ネギをベランダで干していた、いや放置していたのを思い出しました。

自家製葉ネギの素^^;

自家製葉ネギの素^^;

短く切りすぎたみたいなので、うまく再生するか不安だったのですが、緑の新芽が出てきてるから、なんとかなるかな?

 

収穫当時の様子はこんな状態(汗)

4月 何も調べずに株分けを強行

4月24日 何も調べずに株分けを強行

↑画像クリックで当時の記事が表示されます。

 

2ヵ月半くらい経過してるけど、うまく再生してくれるでしょうか…

乾燥葉ネギをブスっと定植

乾燥葉ネギをブスっと定植

また性懲りも泣く沢山植えてしまいました…┐(´ー`)┌

 

そういえば、ワケギの球根も同じ頃収穫して干したままだった(-_-;)

続・ペットボトルプランター、が近々投稿される予感。

 

タグ:
 

Comments are closed.

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ