早くもにょきにょきと青い芽が伸びてきましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

植物育成用蛍光灯の下なので、赤っぽく写ってます。

いやあ、葱系は動きが早くて楽しいですね!

そうそう、わけぎの植付けは綺麗に薄皮を剥いてから(画像奥)、というのが王道のようですね。
イイカゲンに剥いて植えた球根(画像手前側)は発芽が遅れてます(汗

わけぎのペットボトルはベランダにも置いてありまして、、、



こちらも順調に育ってます。

コチラの方が直射日光を浴びて、表面はやや乾燥気味。
でも、ココヤシピート部分は充分湿っているので、発泡煉石(ハイドロトン)とのブレンドはアタリかな?

過湿になりすぎると球根が腐りそうで…

カフェラテカップとスポンジ&不織布で試しているわけぎも、今のところ順調です。

赤!

こちらのわけぎは、スポンジに球根を差し込む切れ込み(貫通)を入れて、2枚重ねの不織布をカップの底に届くように通し、スポンジ内に残った不織布で挟むように球根を押し込んでます。

これも、イイカゲンに皮を剥いた球根(画像右側)の育ちが遅くなってます┐(´ー`)┌

0 Responses to 20日わけぎのペットボトル水耕栽培 2日目

  1. ユンイ より:

    LEDですか?
    うちでも近々自作のLEDライトでレタスの栽培をしようかと準備してます。
    よかったら詳細を教えてください(^^)

  2. Talos より:

    そうそう、植物育成用のLEDです。
    詳細は以前のブログに投稿してますので、そちらをご覧下さい。http://www.tkbf.com/blog/verander/log/eid754.html

  3. ユンイ より:

    写真を見るとマイプラントのLEDは赤と青の比率が5:1になってますね。うちのLED照明も5:1で設計しています。(^^)
    そういえば、和光電研のHPにマイプラントのライトを同じ方向に向ける改造方法が載ってました。倒れる話はありませんでしたけど(^^;

  4. Talos より:

    あの改造は確かに倒れませんが、用途が違いますね。
    私の場合は、小さな苗に至近距離から両方を照射したかったので、アームごと片側に向けてます=自立不可^^;

    ユンイさんは本格的なLEDパネルを設計してるんですね~
    ハンダゴテは穴あけ工具、という位置づけの私には縁遠い世界です^^;

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ