クウシンサイの水挿し

スーパーの野菜売り場でビニール袋に包まれて冷たくなっていた空芯菜。

傷んだ株元をカットしなおし、蒸散を抑えるため大きな葉を3分の1程に切り詰めて、普通の水道水に挿してみました。

ペットボトルの水を替えつつ、直射日光の当たらない場所で数日間管理します。

 

昨年もコレやってみたんですが、水換えサボってあえなく惨敗。

運が良ければあっさり発根→定植と進むはずなんですけどね~

今年はどうかな?

メネデールでも入れたい気分ではありますが…

タグ:
 

4 Responses to 野菜売り場の空芯菜で挿し芽をしてみるてすつ

  1. いずみ より:

    去年、市販の立派な空芯菜とモロヘイヤを挿しました。
    根付いたんですが、うちで種から育ててたスリムなやつと比べるとなんだか切なかったです。
    これはワイドエンサイに違いないと、自分をなぐさめてましたヾ(´ー`)ノ

    • Verander Talos より:

      普通の空芯菜って結構幅広になりますよね~
      私もここ数年は「なつサラダ」という細身の空芯菜を栽培してます。
      いずみさんちのも細身のタイプだったのでしょう…きっと(笑)

  2. もん より:

    クウシンサイは根が出ましたでしょうか?
    クウシンサイを水差しするときにはコツがあります。
    根は葉の付け根から出るので、下の1~2枚の葉の下まで水にさすのです。
    この時期だと売ってるクウシンサイでもすぐに根が出ますよ。
    ぜひお試しください。

  3. Verander Talos より:

    アドバイスコメントありがとうございま~す。
    このクウシンサイ、無事に発根したんですが、先日蹴り倒した上に慌てて踏みつぶしてしまいまして、成長点以外ズタボロです^^;
    多分今シーズンはVegeLogで日の目を見ることはないでしょう…
    美味しいのにねえ(´・ω・`)

2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ